読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「本当の自分」?(´・ω・`)知らんがな

沖縄在住、超適当セラピストのブログ

自己対話セミナー第1日レポートっぽいもの#1

 

 

 

週刊プレイボーイのグラドルへのインタビュー記事に高い確率で出てくる

 

 

 

「あはは。」

 

 

にいらっとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

 

 

本土は寒波とか豪雪とかで大変そうですが

沖縄は何か拍子抜けするくらい

暖かい、というか寒くはない季節が続いております。

個人的には非常に過ごしやすい。

あぁ、これも日々の行いの良さなのだろうなぁ。

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20170131154902p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

早いもので2017年も一か月終わっちゃいました。

 

その間僕が何してたかと言いますと、

 

 

 

 

 

 

 

 

超顔出しOKです|д゚)

 

國定さんの自己対話セミナー

4時間×4日間の

超ガチ講座を受講中でございます。

 

現在1/31時点で

もう二日目を終了しているのですが、

前のセッションの時↓みたいに 

さくっとまとめるつもりだったのですよ。

 

 

でもね、

 

 

 

f:id:blacktamashin:20170131160718p:plain

 

 

 

濃すぎた。

 

 

 

 

もうね、

次郎ラーメンで「野菜ナシ背油ニンニクマシマシ」ってゆーくらい

濃すぎてめっちゃ胸焼け起こしてました。

(次郎でそんな注文ができるのかわかりませんが、てゆうか行ったことありませんが)

 

 

 

 

でも時間が経って来て

ちょっとづつ落ち着いてきたので

小出しになると思うけど

まとめていくぜー(`・ω・´)

 

 

 

まず《今》について。

とりあえず自己対話の最初のとっかかりはここ。

《》の中に入れてる言葉は

独自の意味ですよ、ってことね。

《今》ってのは、確認できるもの。

確認、って言葉は

実に められる」

ってゆう意味だよね。

だから《今》ってのは

「確実に、そこにあると認められるもの」

なんです。

 

國定さんの言葉を借りれば

 

「深呼吸した時の、鼻を通る空気の冷たさ」

 

はい、では皆さん、深呼吸してみましょー。

 

 

はい目を閉じてー…………

 

 

 

吸ってー………………

 

 

 

 

 

 

吐いて―………………

 

 

 

 

 

 

 

 

すー………………

 

 

 

 

 

 

 

 

はー…………………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログで目ェ閉じたら読めねーけどな。

 

素直に目を閉じた人に幸せが訪れますように。

 

 

 

 

 

それはさておき。

 

皆さん体感していただけたでしょうか。

言葉では言い表せない、ただそこにある、という感覚。

 

僕は高校~大学くらいの頃

自己催眠とか座禅とかにはまっていたことがありまして

だからこの感覚は割とすんなり受け入れられました。

 

センター試験当日の朝に自己催眠のテープを聞いてて

不意に母親が起こす声でビクッΣ(゚Д゚)となって

その瞬間にいわゆる金縛り状態になって

でもあ~なんか気持ちいいわ~ってなって

ドラゴンボールで時と精神の間から出てきた孫悟空みたいな

よーしいっちょやってやっか状態でセンター本番に臨み

もうめちゃくちゃいい点取れた、という

いい思い出がございます。

 

 

 

聞いてないですねそんな話。

 

 

 

とにかく、《今》というものだけが

確実なものなんだ、ということを

頭に置いといてください。

 

 

 

 

んで、それに対応するのが

過去や未来、なわけなんですが

この話は前にも書きました。


ちょっとおさらいしますと

「過去の自分も 未来の自分も 他人である」

でしたね。

これにちょっと補足しますと

まず未来は、もちろんどうなるか分からないです。

つまり、先ほどの考えからいうと

「確認」できない、ということ。

だから、無いのと一緒。

無いのに、一生懸命想像してるだけ。

だから、

f:id:blacktamashin:20161028174453p:plain

ですよー。

 

あともう一つは過去。

過去は「かつて在ったもの」、と思うかもしれませんが

これは心理学でもよく言われていることですが

記憶ってけっこう当てになりませんよ。

「あの時はこうだった」と信じていたことが

実は違っていた、なんてことはざらなわけで

いわゆる「記憶のねつ造」は当たり前、と考えれば

過去も「確認」できません。

だから無いもの、と思ってね。

 

 

 

 

というわけで、だから

「あの時はこうだった、だからこれからこうなるだろう」とかかんけーなくて

余計な心配は今すぐシュレッダーにかけちゃって

《今》を味わおう、っちゅーわけですわ。

 

 

 

 

 

 

今日はこんなもんで。

 

 

 

 

 

 

言っとくけど

 

 

これまだ最初の5%くらいだからね。