読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「本当の自分」?(´・ω・`)知らんがな

沖縄在住、超適当セラピストのブログ

英語について思っていることその2

英語についてもちっと書いてみる。

 

 さて前回記事では自分の英語経歴について書きましたが

皆さん英語についてどう思っているんでしょう?

義務教育を終えた人はとりあえず一回は英語を習っているはずなので

ざっくりと「好き」「嫌い」「どーでもいい」に分かれるかと思います。

 

今学生で英語を勉強しなくてはいけない立場の人も

「得意」「不得意」と分かれますよね。

 

英語ペラペラにあこがれる人もいれば

もう二度と学ぶことはないと決別した方もいるでしょう。

 

英語に対する距離感はもちろん人それぞれです。

 

ただ今英語業界で飯食ってる身として

何だかな~、と違和感を感じてるのは

「日本人は英語が下手だ」という風潮、そして

文部科学省が必死こいて日本人の英語力を底上げしようと

あれこれやっていることなんです。

 

結論を先に言うと

 

 

 

みんなそんなに頑張る必要ある?

 

 

 

ってこと。

 

 

例えばよく言われるのは

「日本人のTOEFLスコアがめっちゃ低い」

っていう話。

※知らない人のために一応解説しておくと、TOEFL(トーフル)ってのはアメリカの大学などに留学したい人が「今の俺の英語力はこんくらいっす」っていうのを数値化して分かるようにするテストのこと。ドラゴンボールの戦闘力みたいなもんと思ってくれればいいかと。

 

 

確かに中国韓国東南アジア諸国に比べ、日本人のTOEFLスコアは明らかに低い。

それでインテリのお偉いさんや官僚の皆さんとかが危機感あおってあーだこーだ言ったりやったりしますけど、個人的見解としては

 

 

なぜ日本人の英語力が伸びてないかというと

 

 

 

 

 

伸ばさなくてもどうにかなってるから。

 

 

 

 

アジア諸国の学生さんたちがなぜ必死こいて英語の勉強してるかというと、まず個人がより良い就職をしたいからであり、また国全体の経済力を上げるために海外とのビジネスが不可欠だから政府もバックアップする。

 

 

もちろん日本もそれは同じなのかもしれませんが、なんだかんだで今の日本って豊かだと思うんですよ。

若い学生さんたちも肌感覚でそこらへん分かってるから、そんなに必死こいて勉強しないし、それでも日本経済はどうにかなってる。

もちろん「意識高い系」の学生さんたちだっているだろうし、日々一生懸命努力してるだろうと思います。それはそれでいいんです。

 

ただ何が言いたいかっつーと

 

 

 

 

全体的な英語力の底上げって別に必要なくない?

 

 

 

 

また英語に限らない話になるかもですけど

英語好きな人が英語やればいいだけじゃない?

もちろん義務教育の中で「英語っちゅーのはこういうもんじゃ」と一回触れてもらうことは必要だと思います。

ただ英語できる人がそれほど多くないからと言って、そんなに問題視しなくてよくね?

個人的感覚からいうと、「英語好きです、それなりにしゃべれます」っていう人が人口比5%、「留学しました、めっちゃしゃべれます」っていう人が1%くらいいれば十分じゃない?って思うし、もうそれくらいになってる気がするんだけどなぁ。

 

 

 

もちろん「英語楽しい!!!」って人はどんどんやればいいんですよ。

世界が広がるのは確かですし、色々と役にも立つ。

ただ、「英語できないのはマズい、もっと英語勉強しろ」ってーのは賛同しかねる。

小学校でも英語を義務化するっていう話もありますが、そうやって必死こけばこくほど、英語嫌いも確実に増えるんじゃないかなぁ?って思うんだけどね。

 

 

あ、あと僕も子供を持つ身ではありますが、子供に英語を勉強させたがる親御さんにも時々ちょっと違和感感じることはあります。

子供が英語を楽しく学んでいるうちはいいですよ。ただそれがいつの間にか「小学生のうちに英検準1級!!!」とか張り切っちゃってる親御さんが一部いらっしゃるんです。

 

 

 

 

それやらなくていいと思います。

 

 

 

 

 

 

「これからは国際化社会!!!我が子にも世界で活躍できる人材になってほしい!!!」みたいなの。

それはお子さん本人が決めることです。

本人が海外に出たいと本気で思った時に英語の勉強スタートでも全然遅くないと思います。

何事も結局身につけるには長く続けること、これに尽きます。

そのためには、どれくらい英語が好きか、楽しいか、そこを外したらまあ結果でないですよ。

 

あと別の視点からいえば、結局英語って手段でしかなくて、それを使って海外の人に何を表現するの?っていうことです。

肝心の「私はこういう人間だ」という自信がないと英語身につけても意味がない。

そのために幼少期にやるべきことって、ほかにあるんじゃないかなぁ?

 

とにかく、あんまり焦らなくていいんじゃないかなぁ、と。ゆっくりやっていいと思いますよ。

 

 

 

 

気が付いたら無駄に長ぇ。

まー全部僕の勝手な妄言ですよ。

みなさん好きなよーに考えていいんです。

どうせ大丈夫ですから。

ただ僕の意見が、ちょっとでも誰かの参考になってたらうれしいなぁ、っていうだけの話。

 

 

 

 

ここまで長文読んでくれたあなたのために

拾い物猫画像貼っときますね。