読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「本当の自分」?(´・ω・`)知らんがな

沖縄在住、超適当セラピストのブログ

初セッションの話その2

 ↓これの続き。

blacktamashin.hateblo.jp

 

 

 

 

席に着き、飲み物を注文したところで

いよいよセッション開始。

と、國定さんから

「プレゼントです」と差し出されたのは

一冊のA4ノート。

中は罫線のない無地。

これにクレヨン、色鉛筆、蛍光ペンなどなど

好きな筆記用具で自分の思いを書き出していく、というスタイルなのです。

 

 

 

 

あ、こっから國定さん発言は青くします。

 

 

 

 

で、最初に言われたのが

 

 

 

「265×372を暗算して下さい」

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161028164958p:plain

 

 

 

そうきますか。

当然0.01秒であきらめるレベルです。

 

 

 

 

「無理っす」

 

「ですよねーwじゃあどうやったらできると思います?」

 

 

 

 

目の前には新品のノートと色鉛筆。

 

 

 

 

「……書けばできます」

「ではやってみましょう(*´▽`*)」

 

 

 

 

この年になって3桁の掛け算を筆算するというのは

ちょっと恥ずかしかったりしますが

小中の算数・数学は超得意だった

俺様に死角はない!!!

さくっと計算して

「……98580です」

「正解!(*´▽`*)」

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161028171817p:plain

 

 

 

どゆことよこれ?

ってなるよね?

 

 

 

 

しかしちゃんと理由があるのです。

 

 

 

「どうして暗算ができないかというと、数字を覚えてなくちゃいけないからです(*´▽`*)

じゃあなんで書くとできるかというと、覚えなくて済むからです(*´▽`*)

 

しかし人は何かに悩んだり考えたりするときに

頭の中だけで考えてしまいがちです(*´▽`*)

だから覚えてられなくて、深まらないのです(*´▽`*)

考えを深く掘り下げていくためには

書くことが必須なのです(*´▽`*)」

 

たしかこんな趣旨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161028171201p:plain

 

 

と、こんな感じで色々なワークをやっていくわけなんですが

それを全部書き出すのはさすがにめんどいので

一個、一番衝撃的だったことだけ書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「過去の自分も、未来の自分も他人である」

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なことなので2回言うよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

「過去の自分も、未来の自分も他人である」

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161028170030p:plain

 

 

 

 

 

ちょっと説明します。

 

 

 

例えば人間関係で悩んでいたとする。

「なんであの人あんなこと言うの?

 なんであの人あんなことするの?」

これは、いくら悩んでも、意味がない。

相手を変えることはできないのですから。

心屋的には

f:id:blacktamashin:20161028172710p:plain

 

 

これで終わり。

 

 

気持ちを正直に伝えた

    ↓

自分を大事にした

    ↓

グッジョブ!お疲れっした!

 

 

ということ。

他人のことで悩む必要は無い。

 

 

 

 

ここまでOK?次行くよ?

 

 

 

 

 

自分の過去について悩むこともある。

「なんであの時あんなことしちゃったんだろう?

 なんであの時あれしなかったんだろう?」

これも、意味がない。

過去もやっぱり変えられない。

f:id:blacktamashin:20161028173331p:plain

ただ受け入れるしかない。

終わったことはどうにもならんし

それに縛られる必要もない。

今の自分には関係なくない?

 

 

「過去の自分は他人」ってーのは

そういう意味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、だ。

こっからすげー大事なこと言うよ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の過去のことを応用すると

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の自分が何をしてるか、も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161028174453p:plain

 

 

未来の自分が何をやってるか

自己実現できているのか

幸せなのか

家族を養っていけているのか

将来の幸せのために今なにを”すべき”なのか

 

 

 

 

 

 

ずっと心の中にあった

正体不明の

僕の不安は

正にこいつだった。

 

 

 

 

 

 

独立”しなきゃ”

収入”あげなきゃ”

自己実現”しなくちゃ”

幸せに”ならなくちゃ”

 

 

 

 

 

 

 

 

未来しか見ていなかった。

”いま、ここ”を見ていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

それはある意味

 

 

 

 

 

 

未来の自分を信じていなかった

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

「未来のあなたは、ちゃんとその時にベストの選択をしています(*´▽`*)

 それをいまのあなたがあれこれ心配するのは

 ある意味”余計なお世話”です(*´▽`*)

 だから、”いま、ここで”

 あなたが”何をしたいか”

 それだけ集中していればいいのです(*´▽`*)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161029102458p:plain

 

 

 

 

いやいや、

 

 

 

もう

ぱっっっっっっっっっっっっっ

かーーーーーーーーーーーーーん

ですよ。

 

 

 

ちょっと言葉を失いました。

 

 

 

 

 

 

 

恐るべし

プロセラピスト

f:id:blacktamashin:20161029105123p:plain

 

 

 

 

といった感じで

当初2時間の予定でしたが

気が付いたら

3時間以上たってやんの。

 

 

もうこの言葉だけで

一生大丈夫かもしれん。

 

 

 

 

いやいや、

まだまだ未知の世界は

なんぼでもありますよ?

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161029105842p:plain

 

 

 

 

 

 

世の中には

 

ワクワクが

 

いっぱい転がっている

 

というのは

 

 

 

 

 

本当なんだ

 

 

 

ということが

よくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:blacktamashin:20161029110025p:plain

 

 

 

 

 

というわけで。

 

 

 

國定さん

 

 本当にありがとうございました。

  

今度ともお世話になります。

  

よろしくお願いします。

  

f:id:blacktamashin:20161029110138p:plain